fc2ブログ

2007-03-01

金斗鉉ギャラリー

私がハングルを勉強し始めたのは1991年だ。今から15,6年前になる。NHKラジオ講座のテキストを開いてみた。先生は渡辺吉鎔(キルヨン)、1944年生まれの女性。姓から判断して渡辺という日本人と結婚したのだろう。テキストの登場人物は吉鎔さんと渡辺さんみたいで、何かほほえましかった。次に買ったテキストは2000年になっていた。本格的にやり始めたのはそれからだ。
ところで初めて買ったテキストの表紙絵が気に入って、いつか韓国へ行ったら求めてみたいと思っていた。「表紙イラスト:金斗鉉」としか書いてなかった。テキストのどこを探しても紹介・説明はなかった。こんな絵だ。
20070301131100.jpg

20070301131144.jpg

20070301131210.jpg

20070301131237.jpg

20070301131339.jpg

20070301131423.jpg

どうだろう。舞台は韓国でも郷愁を誘うのではないだろうか。
韓国民画系統の人かと思って、グーグルで検索してみた。経歴をみると、知る人ぞ知る画家のようだった。
http://www.kim-tougen.com/





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rek320.blog53.fc2.com/tb.php/41-37d26c99